堀田聰子

Hotta Satoko

 

慶應義塾大学大学院

健康マネジメント研究科 教授

 

略歴:東京大学社会科学研究所特任准教授、ユトレヒト大学客員教授等を経て2017年4月より慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授。専門は人的資源管理・ケア人材政策。博士(国際公共政策)。

社会保障国民会議サービス保障分科会、地域包括ケア研究会、地域力強化検討会等委員を経て、現在社会保障審議会介護給付費分科会及び福祉部会、新たな支え合い・分かち合いの仕組みの構築に向けた研究会等において委員を務めるほか、医療介護福祉政策研究フォーラム理事・地域包括ケアイノベーションフォーラム事務局・人とまちづくり研究所代表理事等として、より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けた移行の支援及び加速に取組む。

中学生の頃より、おもに障害者の自立生活の介助を継続。訪問介護員2級/メンタルケアのスペシャリスト。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015リーダー部門入賞。

前田 眞 

Maeda Makoto

 

国立大学法人愛媛大学

社会連携推進機構

地域連携コーディネーター

教授

 

愛媛大学の「地(知)の拠点整備事業」(平成26~30年度)の地域連携コーディネーターとして、愛媛県の抱える課題である産業の活性化や地域イノベーションを創出する人材の育成を目的に,大学全体で地域志向教育・研究・社会貢献活動に取り組んでいる。

また、「全国ボランティアフェスティバルえひめ全体会」のコーディネーター、まちづくり学校双海人、伊予市郡中地区のまちづくり活動をはじめとする県内各地の住民座談会等のファシリテーターなど市民活動やボランティア活動の支援を担いながら、地域課題解決に向けたこれからの共助、互助型の社会に向けて「背中を押すような支援」をモットーに協働型まちづくり活動を支援してる。昭和28年 愛媛県八幡浜市生まれ。